さとし日記

都内大学院生のブログ

シュプレヒコールとしての様相が強まってきた印象。時代性を把握したり、時事的な問題を考えたりすることはとても重要ではあるが、その為にも時に距離を置くことも大切かもしれない。

自分はどちらかと言うと影響を受けやすい方だと思うし、ミーハーなところもあるのでなんとなくで流されないように慎重になる必要がある。

 

自分の頭でよく考える習慣がないと、扇動的な意見に流され、特定の人物の発言を盲信するようになってしまう。

 

「説得力」の点では、何を言うかよりも誰が言うかが重要になることは多々あるが、そのような属人的議論は物事の実質とは関係がない。

 

特に、自分と同じような社会的な立場の人の意見だったり、肯定した方が都合が良いようなポジショントーク的な意見には気を付けていきたい。

 


Twitterの即時性や、そこで形成される文化はとても好きではあるが、最近は使用時間を半分以下にしてその時間を読書に当てることが多い。

 

YouTubeもアプリは削除して、勉強に使う時だけ、PCから見るようにした。

煽るようなサムネイルに釣られて観た動画で、何か得るものがあったことは殆どない。

ニュースはPodcastで代替できる。

 


今の自分にとっては、物事をよく考える為の素地を固めることにより多くの時間を割いた方が良いように感じる。

 

元々大量のニュースを見るのが好きだったら、少し制限するくらいがちょうど良いかもしれない。

 

これは自分の中での一時的なフェーズであり、良し悪しの問題ではない。

 

長期的に見たときのバランスを考慮した結果、しばらくはこの方針でいくことにした。