さとし日記

都内大学院生のブログ

自分の仮説や信念を支持する情報ばかりを集めてしまうことを回避するために、あるニュースサイトに掲載されているニュースは機会的に全て目を通すようにしていたが、少し方針を変えた方が良いかもしれない。他人の不幸を食い物にすることに対する抵抗。

確証バイアス(かくしょうバイアス、英: confirmation bias)とは、認知心理学や社会心理学における用語で、仮説や信念を検証する際にそれを支持する情報ばかりを集め、反証する情報を無視または集めようとしない傾向のこと。

確証バイアス - Wikipedia より


これは自分の好みに合う情報だけを得られるように、簡単にカスタマイズできる昨今においては強化されがちな傾向だと思う。

 

自分の考えを支持する情報というのは心地良いものではあるが、バイアスが強化されるのも防ぎたいので、いくつかニュースサイトを決め、そこに掲載されているニュースは毎日全て目を通すようにしていた。

 

また、ニュースサイトによって、扱うニュースや報じ方の傾向にも差があると思う。

そこで、権威的な堅めなものから、ゆるふわなものまでいくつかサイトをピックアップし、更にそれらも一定期間ごとに変更するようにしていた。

 

そして、ニュースのジャンルも国内外の政治、経済、科学から、エンタメ、芸能、スポーツなども幅広く見るように心がけていた。

 


これは基本的には良い方針であったと思っているが、国内の芸能ニュースは、流石にもう良いかなという気がする。

 

芸能ニュースというのは、個々の事象は重要ではなくても、それらの集合は時代性を知る上でも一定の意味はあるものだと思う(どのようなものがニュースになるのかという点でも)。

 

ただ、「〇〇の不倫」とか「嫌いな俳優ランキング」とかも平気で流れてくるのは、受け入れがたいものがある。

 


有名人が批判されているのを見るとカタルシスが得られるのだろうか。

 

自分の人生がうまくいっていないと思っている人にとっては、うまくいっているように見える人が転落するのを見て、同じ穴の狢という感覚が得られるのだろうか。

 

他人の人生が暗転しようと、自分の人生が好転するわけでもないのに。

 


この手のニュースがなくならないのは、それを見る人がいるからであり、自分もその一員になるのは金輪際やめることにした。

 

このようなところから情報の選り好みというのは始まるので、慎重になっていたが、こればかりは致し方ない。

 

自分一人が見ないようにしたからといって大きく状況が変化することはないと思う。

 

ただ、他人の不幸を食い物にすることに対するせめてもの抵抗ということにしておく。