さとし日記

都内大学院生のブログ

ウサイン・ボルトと同じ練習量をこなしても100mを9.58秒で走れるようにはならない。

なんでも努力不足で片付けてしまうのはどうなのかなと思うことが多々ある。

 

容姿、IQ、運動能力、音感なども先天的に決まってしまう割合は少なくない。

 

もちろん後天的な努力も重要ではあるが、それは必ずしも先天的な要因をひっくり返せるものでもないと思う。

 

環境要因なども引っ括めると、何かで結果が出るか否かは「運」に依存する部分が多いのではないかと感じる。

 

あることに対する先天的な適性も、後天的な努力量も同じだったとしても、生まれる地域、時代によっては物凄い功績を残せるかもしれないし、鳴かず飛ばずで終わるかもしれない。

 

そのような事情を踏まえると、自分の思うようにいかないことがあっても、過度に自分を責めるべきではないと思う。

 

同様に、他者が何かでうまくいっていなくても「努力不足」で片付けてしまうのは避けた方が良い。

 


更に、努力が必ずしも報われるわけではないからこそ、結果よりも、過程そのものが楽しめるものに打ち込めると幸せに生きられるのではないかと思ったりもする。

 

最近自分が多くの時間を割いている数学や物理もはそんな意味で楽しい。

 

別に勉強して、物凄い定理や物理法則を発見をしたいわけではない。

 

わからないことがわかっていくそのプロセスこそが楽しみであり、それ以上に求めることはない。

 

この先の人生もそんなものに沢山出会えると良いなと思う。

 

そんなわけで良い週末を!