さとし日記

都内大学院生のブログ

オンライン、オフライン問わず、一方向の授業をライブでやる必要はもう無いように感じる。

教授毎の授業の巧拙もあるけど、構造的な問題もあるような気がする。

 

YouTube等で講義動画を見るときは内容によって、再生速度を変えたり、場合によっては、一時停止して考えたりもできる。

 

しかし、ライブ授業だとそれができない。

 

既知の内容でものんびりとした説明を聞かないといけなかったり、すぐには理解できなくても先に進んでしまったりもする。

 

わからないことがあれば質問すれば良いわけだが、何をやっているのかもわからない場合は質問すらできない。

 

もはや一方向の授業をライブでやる必要はないと感じる。

 

座学であれば、予め範囲を指定して、自習してもらう。
そして、授業時間では、質問対応、問題演習、ディスカッション、プレゼン等に限定すれば良いのではないか。

 

イメージとしては、研究室のゼミ発表に近い。

 

ネット上にいくらでも学習のコンテンツがあるので、もちろん独学もできる。

 

ただ一方で、議論の場はあった方が理解が深められたり、多角的なものの見方ができるようになったりもすると思う。

 

そのような目的で授業が使われれば良いんじゃないかなぁと。