さとし日記

都内大学院生のブログ

C.P.スノー『二つの文化と科学革命』を読んだ。

「熱力学の第二法則を説明できるか」というのは「シェイクスピアを読んだことがあるか」に等しく、「質量や加速度を正確に説明できるか」は「(文章を)読むことができるか」に等しいというのが印象的だった(p.16)。

 

f:id:satoshi86:20200525190155j:image


本書『二つの文化と科学革命』(C.P.スノー著)においては、科学者と文学的知識人の分断の話がメインだったが、一個人間においても一般に起こり得る話だと思った。

 

自分が常識だと思っていることを相手と共有できないからといって、相手に非常識・無教養のレッテルを貼るべきではない。

 

全知全能になることはできないし、バイアスを排することもできないが、SNSで様々な意見に接する機会が多い時代だからこそ、意思疎通をしようとすること、また場合によっては意思疎通ができないこともあることを理解することが大切だと‪改めて‬思った。