さとし日記

都内大学院生のブログ

言葉にすることで思考が整理されるとはよく言うが、これは複雑な事象を今の自分でも言葉で表現できるくらい単純化して理解したつもりにしているだけかもしれない。

今日で1週間連続での更新となる。


文字数こそ違えど1ツイートとブログ1記事を書く心理的なハードルは殆ど同じなので、書こうと思えば際限なく書くことができそう。


そんなに語りたいことがあるのかと自分でも若干引きつつも、楽しいのでもうしばらく続けてみることにする。


構成を考えずに思いついたことをそのまま書き、殆ど推敲もせずに投稿しているので、話している感覚に近い(後から明らかな変換ミスを修正することはあるが)。


読み返してみるときっと気持ち悪いので基本的に書きっぱなしにしているが、たまに過去の記事を読み返してみると表現があまりに冗長で驚いたりもする。


自分の話し方はこんな感じなのかもしれない。


もう少し内容を整理して話すことを心がけた方が良さそうだ。

 

 

なんとなく頭に浮かんだことを文字にすると頭の中が整理される感覚が得られる。


ただ、これは実際に整理されているのか、あるいは複雑な事象を文字で表現できるくらい単純化して理解したつもりにしているだけなのかはわからない。


おそらく後者の場合の方が多いのではないか。


「言語化が大切」というのはたまに耳にすることではあるが、安易な短絡に陥る危険も孕んでいるとは思う。


なので、モヤモヤしたものはモヤモヤしたままにしておくことも大切なのかもしれない。


今後、今よりも緻密に物事を考えられるようになり、関連する知識も増えたときに自然と理解できることもあると思う。


もしかしたら自分にとって、あるいは他の人にとっても大きな意味を持つことを考えていたかもしれないのに、わざわざ解像度を落としてしまうのは勿体ない。

 

 

そんなわけで、今後も無理に言葉に落とし込もうとはせず、思いついたことを思いついたまま書いていこうと思う。

 

また読んでもらえたら嬉しい。