さとし日記

都内大学院生のブログ

人種や性別を元に性格を決めつけるのは良くないというのはある程度共通認識があるのに、血液型を元に同じことをするのはエンタメとして成立するのはどのような理屈なのか。

いずれも相手の性格を型に嵌め、根拠のないステレオタイプを形成するという点で同じなのではないかと思う。

 

そもそも、一般論として、遺伝子が性格に影響を与える可能性は否めないが、多数の遺伝子の中で、血液型の遺伝子が特に決定的な役割を果たすと考える科学的な根拠は存在しない。

 

ただ「科学的な根拠が存在しないから良くない」という理屈ではない。

 

ステレオタイプを形成するようなものが良くない思っており、ステレオタイプを形成するものは往々にして科学的な根拠がないという話である。

 

逆に科学的な根拠のないものがステレオタイプを形成するかというと、勿論必ずしもそうではない。

 

なので、同じ占いを例に挙げても「今日のラッキーカラー」などは個人的には特に問題ないと思っている。
それらは人々に行動するきっかけを与え得るのでプラスに働くものかもしれない。

 


一方で血液型による性格診断のようなものを信じると、先入観を持って相手と接することになる。

それによって相手の性格も歪んで見えてしまうかもしれないし、実際に相手にも暗示がかかり、その先入観に近い性格になってしまうかもしれない。

 

それは人々の多様性を減じる方向に作用するものであり、あまり良いことだとは思っていない。


と長々と語ってきたがこれはあくまで個人の意見であって、これが絶対的に正しいとは思っていない。

色々な考え方があると思う。

ただ少し疑問に思っていたことを書いてみた。