さとし日記

都内大学院生のブログ

次はマンスリーマンションに住むのが良いのかな

今日は午前中にバイトをして、日中は一人暮らしに必要なものの買い出しに行っていた。

今回の引越しは色んな人に協力してもらっているけどやっぱり大変だ。

時間もお金も予想以上にかかる。

それでも通学時間をほぼゼロにできるメリットの方が上回っていると思うけど、次はマンスリーマンションにしようかな。

家具家電は元から置いてあるし、電気ガス水道の契約も別途行う必要がない。

スタンディングデスクを初め私物の方が良いなと思うものもいくつかあるけど、引越しの手間を考えるとそこまで重要かな?という気もする。

まぁ同じところに一定期間住み続ける生活スタイルなら最初だけと割り切れるけど、卒業後はどうなるかわからないしなぁ。

一応選択肢の1つとして頭の中に入れておこう。

 

一人暮らしとは関係ないけど、買い出しが終わってから少し時間があったから付け焼き刃の知識でオリエンタルランドの決算書を読んでみた。

財務三表の基本的な仕組みは把握したから実物を見ながら知識の定着を図る。

特に決算書を読まないといけない用事はないけどせっかくなら一通り把握しておきたい。

オリエンタルランドにした理由は今回財務三表の仕組みを勉強するのに使った、矢島雅己氏の『 決算書はここだけ読もう〈2020年版〉 』に実例の1つとして掲載されていたから。

最初は指針となるものがあった方がわかりやすい。


まずはオリエンタルランドの決算書をダウンロードする。

下記のリンクからPDFで「連結財務諸表」が閲覧できる。

▶︎OLC GROUP 連結財務諸表
http://www.olc.co.jp/ja/ir/library/factbook/main/00/teaserItems2/0/linkList/04/link/factbook2019_06.pdf

f:id:satoshi86:20200301191921j:image
f:id:satoshi86:20200301191924j:image

 

損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書の順番に見ていく。

 

【1. 損益計算書】

損益計算書には売上高に加え、5種類の利益、①売上総利益、②営業利益、③経常利益、④税引前当期利益、⑤当期純利益が掲載されている[赤枠]。

f:id:satoshi86:20200301192002j:image

いずれも前年比で増加していて、売上高は過去最高だった前期よりもさらに9.7%増加している。

これは東京ディズニーリゾートの35周年イベンントが好調だったことが要因とされているらしく、来期は減収減益を見込んでいるとのこと。

 

【2. 貸借対照表】

貸借対照表の左側には会社の資産、右側にはその出所として負債(他人資本)と純資産(自己資本)の詳細が書かれている。

様々な指標があるが、今回は流動比率と固定比率に注目する。

流動比率は
[流動比率]={[流動資産]/[流動負債]}*100%
で定義され、この値からその会社の支払能力がわかる[青枠]。

f:id:satoshi86:20200301192031j:image
f:id:satoshi86:20200301192028j:image

「流動資産」は決算から1年以内に現金化されるもの、「流動負債」は決算から1年以内に支払わなければならない負債を意味するので、健全な経営をするためには「流動資産」>「流動負債」、つまり流動比率が100%を超えている必要がある。


オリエンタルランドの場合、

「流動資産」が441,835(百万円)
「流動負債」が154,652(百万円)

なので、
[流動比率]=[441,835(百万円)/154,652(百万円)]*100% ≈ 286 %
となっており、支払い能力には問題がないと言える。

 

次に、固定比率を見てみる。
固定比率は
[固定比率]={[固定資産]/[自己資本]}*100%
で定義される[緑枠]。

f:id:satoshi86:20200301192031j:imagef:id:satoshi86:20200301192028j:image
商品仕入のために支払ったお金は商品が売れるたびに回収されるのに対し、固定資産に投下された資金は、耐用年数に渡ってゆっくりと回収される。

なので、このような資産の購入はなるべく短期借入金ではなく、返済不要の自己資本でまなう必要がある。
「固定比率」は固定資産に対する投資額のうち、どの程度までを自己資本(純資産)でまかなっているかを示してる。
固定比率が100%未満であることは、自己資本(純資産)で全てまかなっていることを意味するので、リスクが低いと言える。

 

オリエンタルランドの場合、
「固定資産」が609,619(百万円)
「自己資本」が803,201(百万円)
なので、
[固定比率]=[609,619(百万円)/803,201(百万円)]*100% ≈ 75.9 %
となっており、非常に強固な財政状況と言える。

 

【3. キャッシュ・フロー計算書】
キャッシュ・フロー計算書には、大きく3つのセクションがあり、①営業活動によるキャッシュフロー、②投資活動によるキャッシュフロー、③財務活動によるキャッシュフローがある[紫枠]。

f:id:satoshi86:20200301192103j:image

「営業活動によるキャッシュフロー」は問題なくプラスになっている。「投資活動によるキャッシュフロー」のマイナスは前期と比べて3倍以上になっており、「財務活動によるキャッシュフロー」も近5年マイナスだったのに対しプラスになっているので、大規模な投資をしていると考えられる。

実際、2020年にはディズニーランドには「美女と野獣エリア」と「ベイマックス」のアトラクションなどをオープン予定で、2022年度には、ディズニーシー西側の駐車場スペースを生かし「アナと雪の女王」などの映画を再現したエリアや新しいホテルを建設するらしい。

 

オリエンタルランドってこんなに優良企業だったんだ。。笑

もっと別の企業のものも見てみよう。


(参考)
矢島雅己『決算書はここだけ読もう〈2020年版〉』

OLC GROUP: ホーム>株式会社オリエンタルランド株主>投資家の皆様へ業績>財務情報財務データダウンロード
http://www.olc.co.jp/ja/ir/achievement/data.html

OLC GROUP 連結財務諸表
http://www.olc.co.jp/ja/ir/library/factbook/main/00/teaserItems2/0/linkList/04/link/factbook2019_06.pdf